企業主導型保育園とは

企業により設置された保育園で、平成28年度から内閣府にて定められた「職員配置基準」や「設備基準」などの基準をクリアした、安心してお子様を預けて頂ける保育施設です。

企業主導型保育園は認可外保育施設ではありますが、保育施設の整備費及び運営費について、認可施設と同程度の助成を受けているため、より高水準なサービスをご提供することが可能です。

また、女性をはじめとする従業員が、結婚、妊娠、出産、子育てというライフステージにかかわらず働き続けやすくなります。

企業がその事業所内で、その社員のための保育事業を行うことができるという制度ですが、地域にお住まいの方や、企業間で業務提携を行っていただくことで、近隣企業の社員様にもご利用いただくことが可能です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

保育士率100%

保育従事者全員が国家資格を持っております。

衛生管理システム

園内の出入口には0.5秒で体温を認識するサーモグラフィカメラを導入しています。
また、園内の衛生管理も徹底していますのでご安心ください。

知育に特化

当園ではオリジナルのプログラムを活用し子ども達を「遊び」や「体験」につなげることで、子どもの「こころ」と「ことば」を育みます。

食育を強化

ミネラル豊富な食事の提供により安定した情緒の発育をはかります。